水源の森造成整備事業

水源の森森林造成整備事業の概要

森林の持っている水源かん養機能の向上に必要な植栽、間伐等の森林整備を促進するために、当基金がダム周辺地域を中心に「水源の森指定林」の指定を行い、当該指定林の整備を行う所有者に対し、整備費用の一部を助成します。

補助対象事業及び補助率

福岡県造林事業に採択された事業のうち事業地が指定林であるものを次のとおり助成します。

事業区分 事業の内容 補助率
人工造林
(樹下植栽等含む)
優良な育成単層林の人工林の造成を目的として、新伐等に該当する作業を行う事業等人工造林については、未立木地、竹林転換地又は再造林地のいずれかに該当するものに限る。
ただし、再造林地は、前生樹の林齢が標準伐期齢に20年を加えた林齢以上で伐採された林分及びこの林分と同一林班内又は同一路網の区域内で、地形その他の自然条件等から一体的に整備することが相当な林分とする。
ダム周辺 15.0%
その他 10.0%
下刈り 雑草木の除去及びこれに併せて行う施肥 ダム周辺 15.0%
その他 10.0%
枝打ち 林木の枝葉の除去を行う事業 5.0%
除伐 下刈りが終了した林分において、不用木(侵入竹を含む。)の除去、不良木の淘汰を行う事業 侵入竹除伐 15.0%
侵入竹除伐以外 5.0%
保育間伐 適正な密度管理を目的として、不用木(侵入竹を含む。)の除去、不良木の淘汰を行う事業 ダム周辺 10.0%
その他 5.0%
間伐 適正な密度管理を目的として、不用木(侵入竹を含む。)の除去、不良木の淘汰、搬出集積を行う事業 ダム周辺 10.0%
その他 5.0%
更新伐 育成複層林の造成等を目的として、不用木(侵入竹を含む。)の除去、不良木の淘汰、支障木やあばれ木等の伐倒、搬出集積、巻枯らしを行う事業 ダム周辺 10.0%
その他 5.0%
鳥獣害防止施設等整備 健全な森林の造成・保全を目的として、野生鳥獣による森林被害の防止、野生鳥獣の移動の制御等を図るための鳥獣害防止施設等の整備を行う事業 15.0%
森林作業道整備 森林作業道の開設及び改良を行う事業 15.0%

人工林施業サイクル

人工林施業サイクル
このページのTOPへ

Copyright © 2011 ALL Co,Ltd. All rights reserved.